頚椎椎間板ヘルニア@名医-治療・症状
頚椎椎間板ヘルニア@名医-治療・症状

頚椎椎間板ヘルニアとは?

頚椎椎間板ヘルニアとは?

 

頚椎の髄椎間板ヘルニアとは、首の痛み・肩こり・腕の痺れ或いは頭痛などの症状があると聞いた事がある。


頚椎椎間板ヘルニアに限らず、病気の辛さは、病気になった事がない人には解らないのが現状だと思う。


特に、外傷の切り傷や、火傷と違って、外傷が見えない症状は、どうしても周りの人に誤解されたり、理解されない事が多いが、頚椎椎間板ヘルニアにしても本人が一番苦しいと思う。


健康な人からみれば、同じ作業をするにも、頚椎椎間板ヘルニアを理由にサボって怠けているように見られる事もあると思う。


私も、理解しているつもりになっているだけで、実は、何でこれ位出来るでしょう?と心の中で思う事があり、もっと思いやる心を持たないといけないと思いました。


頚椎椎間板ヘルニアになっても、本人は、決してサボったり、怠けたりしているのでない。


逆に、頚椎椎間板ヘルニアの症状を隠し、みんなに、解らないように健常者より、一生懸命の人が多い事に気づきました。


頚椎椎間板ヘルニアの原因

頚椎椎間板ヘルニアの原因

 

頚椎椎間板ヘルニアの原因は、もちろん色々考えられる。


交通事故だったり、激しいスポーツが頚椎椎間板ヘルニアの原因だとテレビで見た事がある。


頚椎椎間板ヘルニアの原因の1つになっているスポーツをしていなし若いからなんて安心していられません。


20歳頃から頚椎の老化は始まるみたいですし、首の使いすぎが一番良くないと聞いたので、IT社会でパソコンがないと仕事にならないと現在では、椎椎の間板ヘルニアの原因にパソコンの使いすぎが挙げられるようになるかも知れません。


普段から正しい姿勢で、首に負担をかけないように、パソコンも利用したいものです。


普段の生活で、重い物も持たないのにギックリ腰になったりする。


重いものを持ったからギックリ腰になる。これは、先入観で逆に軽い物を持った時とかに私の母は、ギックリ腰になりました。


母は、お菓子の箱を取ろうとした時なったので、私も、ビックリしました。


頚椎椎間板ヘルニアの原因も、本当に一概には言えないと感じました。


頚椎椎間板ヘルニアの治療

頚椎椎間板ヘルニアの治療

 

頚椎椎間板ヘルニアの治療は、やっぱり安静が一番。


でも、今では、頚椎椎間板ヘルニアの治療も、ブロック注射・リハビリ・手術・レーザーなど色々あると耳にしたことがあります。


頚椎椎間板ヘルニアの治療も色々ある治療法の中から自分にあった治療を見つけ出す事が大事だと思います。


頚椎椎間板ヘルニアの治療は、慌てずにゆっくりと自分のペースでやるのがいいと思います。


そんなに、早く治るものではないし、一日一日、目に見えて一気によくなるものでもないので、根気良く辛抱強く頑張りたいものです。


頚椎椎間板ヘルニアの治療をしても、波がありお天気の雨の時・晴れの時によっても体の調子は変わります。


それで治ってないのでは?と疑問を抱き、リハビリをやめたり治療をやめたりせずに続けてほしいです。


頚椎椎間板ヘルニアの治療は病院ばかりでなく、周りの皆さんの協力や理解も欠かせないと思います。


何より、頚椎椎間板ヘルニアの治療をしている本人が一番頑張って治そうとしているし、一番辛いと思うから。


頚椎椎間板ヘルニアの症状

頚椎椎間板ヘルニアの症状

 

頚椎椎間板ヘルニアの症状には、首の痛み・肩こり・腕の痺れ或いは頭痛などの症状があると聞いた事があります。


人によって頚椎椎間板ヘルニアの症状が違うのは当たり前。だが、どんな頚椎椎間板ヘルニアの症状があるか気になりインターネットで「頸椎の椎間板ヘルニアの症状」で検索して見ました。


頸椎椎間板ヘルニアポータルネットの「頚椎椎間板ヘルニアの症状」をクリックしました。


(引用ここから)

神経根症状
首〜肩〜腕〜指へのしびれ感、痛み。
咳やクシャミ、首を後ろに反らすと肩甲骨や手指に電気が走る。
肩や肘、手指が思うように動かせない。筋力低下など。

椎間板症状
肩・首・背中が痛く重く感じる。
頭痛、耳鳴、目がチカチカする。

脊髄症状
上下肢のしびれ感(手袋や靴下を履く範囲→体幹へ広がる)、痛み
灼熱感、冷感
筋力低下
巧緻(こうち)運動障害(ボタンかけ、ハシの使用、筆記)
足が突っ張って歩きにくい、軽い筋肉痛のような違和感
膝がガクガクする、階段を下りるとき手すりがないと不安などの歩行障害
直腸膀胱障害(おしっこや便の出具合が悪い)など

(引用ここまで)

引用先http://www.hernia-portal.net/頸椎椎間板ヘルニアポータルネット


神経根症状、椎間板症状、脊髄症状と大きく3つに分かれており、頸椎の椎間板ヘルニアの症状は、本当に、多種多様だなと思いました。


神経症状のクシャミ、椎間板症状の目のチカチカ、脊髄症状の直腸膀胱障害など、本当に様々な所に頸椎の椎間板ヘルニアの症状は表れるんだなぁ?と拝見させていただきました。


それに、拝見していて、チョット失礼だとは思いましたが、神経根症状の咳やクシャミには、ビックリしました。脊髄症状の直腸膀胱障害にも、目が止まりました。


頸椎の椎間板ヘルニアの症状について、少しでも勉強になりました。


椎間板ヘルニアの種類

椎間板ヘルニアの種類

 

椎間板ヘルニアの種類には頚椎と腰椎が挙げられると思うが、どちらも本人にとっては辛い病気である。


どうしても、腰のほうが有名というか聞きなれているので、椎間板ヘルニアの種類には頚椎もあるんだと驚きました。


椎間板ヘルニアの種類には頚椎もあると知って少し、興味を持ちましました。


椎間板ヘルニアの種類には頚椎があるが、その症状は、首の痛み・肩こり・腕の痺れ或いは頭痛などがあるらしい。


これらの症状に限らず、人により本当に色々な症状が出るようである。


どの症状でも、本人にしてみれば辛い事は間違いないのですが、これもそうなの?と驚いた症状に、神経根症状からくる咳やクシャミとか、脊髄症状からくる直腸膀胱障害がありました。


どの症状でも、本人にしてみれば辛い事は間違いないのですが、


椎間板ヘルニアの種類には頚椎があるのを勉強したが、治療方法は、やっぱり安静が一番だと私は思いました。


そして、決して無理はしない事。


今では、レーザー治療とかあり治療方法も進んでいるので、慌てないでゆっくり自分に合った治療法方を見つけて欲しいです。